コラム

Column

【香港スプリント】土屋真光の見解

2016年12月10日 14:05

  • 友だち追加数

 一昨年の勝ち馬エアロヴェロシティ、昨年の勝ち馬ペニアフォビアという地元の実績馬、vsラッキーバブルズ、アメージングキッズの地元の上がり馬、vs日本の短距離G1馬2頭という構図。これらのうち、香港の有力馬が揃って内枠に集まり、ビッグアーサーは13番枠、レッドファルクスは10番枠と外枠に追いやられた。

 となると、争いの行方はやはり地元勢中心。1番手には近走の充実度と安定感からラッキーバブルズを推したい。G1タイトルはないものの、芝1200mに限れば格を問わず11戦して7勝2着4回と無類の安定感を誇る。4月のG2スプリントカップであっさりと重賞初勝利を飾ると、続く国際G1チェアマンズスプリントプライズでは、オーストラリアの切れ者シャトークァの末脚にこそ屈したが、他の香港短距離の実績馬を完全に押さえ込んだ。今シーズン初戦のG2プレミアボウルは1番人気に応えて重賞2勝目。続く、香港スプリントの前哨戦、G2ジョッキークラブスプリントでは、2着に敗れはしたものの、本番を見据えて敢えて外を回す競馬を試してのもので、むしろ収穫の方が大きかったといえる。

 2番手にはやはり上がり馬のアメージングキッズを挙げる。1200mは12戦して5勝2着5回で、安定感ではラッキーバブルズほどではないものの、連対を外した2回は初めての国際G1のチェアマンズスプリントプライズと、若干余裕残しだった前走のジョッキークラブスプリントで、ともに5着と健闘している。先行争いを見ながら行ける7番枠も絶好。ラッキーバブルズとともに、世代交代を十分に狙える。

 3番手には古豪エアロヴェロシティ。一昨年にこのレースを制覇、昨年は高松宮記念と、クリスフライヤー国際スプリントと、国外でも結果を出して見せた。しかし、好事魔多し。その後はレース中の心房細動や、来日してからのセン痛などで、万全な状態でレースに臨めることがほぼ稀だった。その分、昨年と今年はともにわずか4戦と使い込まれていない。8歳だけに大きな上積みは見込めないものの、力さえ発揮できれば、まだまだタイトルの上積みは期待できる。

 取捨が難しいのがビッグアーサー。福永祐一騎手の骨折で代打迎えた鞍上はこれ以上ないライアン・ムーア騎手。しかし、外から2番目の枠は正直いただけない。一気に行ききれるならこの枠でも、とも思えるが、そうなるとガリガリとした先行争いが見込まれるだけに、人気先行になるようなら割り引いて考えたい。

 逆に一発の魅力を秘めるのが、サインズオブブレッシング。欧州のスプリンターはここでは用無しと見られることが多いが、過去にはベンバウン、ソールパワーなどが波乱の一翼を担っている。

ページトップへ