コラム

Column

【香港マイル】市丸博司の見解

2016年12月10日 14:10

  • 友だち追加数

 出走馬のほとんどが香港馬。香港10頭、日本3頭、アイルランド1頭という組合せになった。なにしろ、過去10年で昨年優勝のモーリス以外はすべて香港馬が優勝。2着7回3着6回というのだから、香港馬中心で考えるのが妥当だと思われる。

 その香港馬、市丸流レーティングでは100を超えた馬が4頭となった。

 実績的な最強馬は、やはりエイブルフレンドということになる。一昨年秋から昨年春まではモレイラ騎手を背に負けなしの勢いで、香港史上最強マイラーかとまで噂されたほどである。昨年の香港マイルは3着だが、レース中に故障を発生していた。11か月休養後叩き2戦目。7歳馬になったこともあり、果たしてどこまでやるのか半信半疑といったところだが、もちろん勝たれても仕方がないだけの実力馬である。

 ビューティーオンリーが実質的な香港トップとなる。昨年の香港カップは8着だったが、その後マイルを中心に使われて安定的な成績を収めることになる。勝ち味に遅いところは評価が分かれるが、前哨戦を勝っており、まだ5歳の伸び盛り。注目したい。

 コンテントメントは安田記念で12着。もともと国際レースの実績はないが、安定性のある馬だった。それが、今季は3戦してすべて4着以下と結果が残せていない。あまり大きな期待はどうか。

 ジャイアントトレジャーは今年の香港スチュワーズカップ勝ち馬だが、その後調子を崩したのか6戦してまったく馬券になっていない。

 以上のことから考えると、香港馬を狙うならまずビューティーオンリー、次にエイブルフレンド。あとは実績馬より上がり馬。特にビューティーフレームサンジュエリーあたりか。ヘレンパラゴンパッキングピンズジョイフルトリニティも侮れない。

 日本勢では、まずサトノアラジンに注目したい。前走はゴール前の不利で競馬にならなかった。いい枠を引いたし、香港に傑出馬がいないならつけ込む隙はある。

 ロゴタイプもいい枠を引いた。香港への馬場適性はありそうで、逃げまたは2番手からの競馬になるなら面白いが、どうだろうか。

 ネオリアリズムはマイルチャンピオンシップ3着。札幌記念の勝ち馬だが、マイルでも遜色ない力があることを示した。一発の期待も十分だ。

 アイルランドのクーガーマウンテンはG1勝ちがない。このメンバーに入ると厳しそうである。

 香港馬が面目を保つか、日本馬がつけいるか。非常に興味深いレースである。

ページトップへ