コラム

Column

【香港カップ】市丸博司の見解

2017年12月08日 17:00

  • 友だち追加数

 昨年、当コラムにこのように書いた。「今年のメンバーを見渡してみると、香港馬より日本馬にチャンスがありそうだ。昨年エイシンヒカリが勝って、今年も日本馬が勝つようだと、今後このカテゴリーも日本馬がリードする展開になっていくかもしれない。果たして時代が変わるのか?」

 昨年モーリスが勝ち、この2000mのカテゴリーでも日本馬が強いという印象を植え付けた。日本勢も、ヴァーズは有馬記念が近いために頭数が揃いにくい。しかし、カップは天皇賞からJCをスキップして挑戦するというローテーションが取れる。今後も天皇賞・秋ののちJCや有馬記念では少し長いという馬たちが目標にするレース。それがこの香港カップとなっていくはずだ。

 短距離~マイルは香港、中長距離は日本と欧州。香港国際競走も、今後はこのような棲み分けができていくのかもしれない。

 市丸流レーティングトップは、なんとステファノスとなった。

 恐らくは日本馬で2または3番人気。全体でも5、6番人気となるのではないかとみる。それでレーティング1位なら、当然ここから入りたいものである。

 この馬は香港4度目の挑戦だが、一昨年のクイーンエリザベス2世Cで2着。一昨年の香港Cは大敗したが、昨年の香港カップがモーリスの3着である。前走は不良馬場で基準外。マイルはやや短く、1800~2200mが守備範囲だ。となれば、ここは恐らくG1制覇の最後のチャンスではないか。昨年の毎日王冠→天皇賞・秋から、今年はオールカマー→天皇賞・秋と、少しゆったりとしたローテーションにしてきた。このローテと前走ほとんど競馬をしていないことが吉と出れば、一発の可能性は十分あるとみる。

 レーティング2番手はスマートレイアーである。マイルから2400mまでオールマイティに走る馬だが、乗り難しく、いつ走るかはなんともいえない。基本はスローの上がり勝負を得意とするが、平均ペースでもこなさないわけではない。こういう馬だけに、武豊騎手に手が戻るのは歓迎材料だろう。

 3位は4頭横一線。ここに1番人気が予想されるネオリアリズムが入ってくる。この馬が人気になるのはモレイラ騎手でクイーンエリザベス2世C勝ちがあるところだろうが、G1勝ちはこのレースが初めてだった。ときどき大敗することがあるように、乗り難しく、一筋縄ではいかない。名手モレイラがうまく乗ったということだろう。今回もうまく乗れるかどうかはやってみなくてはわからない。それで人気ならば、敢えて3番手としてみる。

 外国馬は香港よりも欧州。ということで、オブライエン厩舎のドーヴィルスタウト厩舎のポエッツワード、カナダのG1を勝ってきたブロンドミー、最後に香港馬からワーザー。以上4頭を押さえ評価としたい。このあとの馬たちは能力的にやや落ちるのではないか。

ページトップへ