コラム

Column

【香港スプリント】直前情報とまとめ

2017年12月10日 11:00

  • 友だち追加数

 日本からはスプリントG1で2度の2着を記録したレッツゴードンキと、スプリンターズS3着のワンスインナムーンが挑む香港スプリント。だが、「最強馬ロードカナロア以外の日本馬はまったく刃が立たなかった」(市丸氏)、「外国馬を中心に馬券を組み立てるべき」(栗山氏)というのが解説陣の冷静な分析だ。

 特に強いのが香港勢。過去10年で7勝・2着9回・3着7回と他を圧倒する成績を残しており、予想/馬券もまずは香港勢から入るのが常道だろう。

 とりわけ、前哨戦として完全に定着しているジョッキークラブスプリントからの臨戦馬が中心的存在。血統的にはミスタープロスペクター系またはダンジグ系種牡馬の血を引く馬に注目すべき一戦だ。

 これらの各条件を満たすのがミスタースタニングラッキーバブルズ。栗山氏いわく「能力はこの2頭が抜けている」と語る存在である。

 ジョッキークラブスプリントを制したミスタースタニングを推すのが市丸氏。「いかにもここに向けて調子を上げてきた印象。5歳という年齢からも有望」と◎を打つ。

 いっぽう土屋氏は「ミスタースタニングなど強豪の多くは差し馬。有利なのは、逃げ争いをする各馬の次の列」としてラッキーバブルズに注目。「前走は再三に渡って不利を受けていた。ボウマン騎手も『国際競走で乗る馬の中ではラッキーバブルズが一番自信がある』とコメントしている」というから、スムーズな競馬なら上位争い必至だ。

 現地および大手ブックメーカーのオッズを見ても、ミスタースタニングが2~3倍、ラッキーバブルズが4倍前後と、この両馬の一騎打ちムードが漂っている。

 ただし「6~9番ゲートに入った馬が7勝をマーク」という傾向もあり、内枠に入った両馬は包まれる不安を抱きながらレースに臨むことになる。

 栗山氏もこの2頭に関しては「道中不利があったほうが負けている。どちらがスムーズに回ってこられるかの勝負」と、運や展開に左右される可能性を示唆。「2頭が強いことを承知の上で、あえて伏兵ディービーピンから」という馬券を試みる所存だ。

 過去の傾向的にも「10番人気以下の穴馬の激走を狙っても面白そう」という事実がある。「オッズの死角を突いて、香港で売れているのに日本では売れていない馬を探すのが穴馬券の近道」(市丸)という戦略も成り立ちそうな一戦である。

ページトップへ