コラム

Column

【香港マイル】直前情報とまとめ

2017年12月10日 11:00

  • 友だち追加数

 エイシンプレストン、ハットトリック、そしてモーリスが勝ち馬として名前を連ねる一方で、デュランダル、ダンスインザムード、アパパネ、グランプリボスらがあえなく敗退している香港マイル。昨年もロゴタイプが健闘むなしく5着に終わっている。

 伝統的に香港馬は短距離戦に強く、このレースも「モーリス級でようやく勝算が立つ。その域に達していない日本馬は苦戦を免れない」というのが栗山氏の分析だ。

 素直に予想するなら地元・香港調教馬の争い。なかでも最重要前哨戦であるジョッキークラブマイル出走馬の取捨が馬券のカギとなるだろう。

 そのジョッキークラブマイル、1着から順にシーズンズブルームヘレンパラゴンビューティージェネレーションビューティーオンリーシシュアンダールという結果。現地の前日オッズもシーズンズブルームが3~4倍、ヘレンパラゴンが4倍前後、ビューティオンリーが5~6倍、ビューティージェネレーションが8倍前後と、ほぼ結果通りの並びとなっているようだ。

 この中からシーズンズブルームを推すのが市丸氏だ。「ここへ来ての勢いは見逃せない。モレイラ騎手もインタビューで『もっとも自信がある』と発言している」と、前哨戦の勝ち馬が順当に本番も制すると予想する。

 同じく土屋氏も「モレイラ騎手が勝ちっぷりと成長度合いを絶賛している。決して適距離でなかった香港ダービーでも4着としていて底力は十分」と高い評価を与える。

 いっぽう栗山氏は前哨戦2着のヘレンパラゴンに注目。「サドラーズウェルズのクロスは凱旋門賞馬エネイブルと同じで、血統的なトレンドに合致。他馬と接触してもひるまず馬群を割れるのは大きなセールスポイント」と、その底力に期待する。

 また「成長著しい」と市丸氏の言うビューティージェネレーションは「調教師によると来年は安田記念に挑戦したいとのこと。ジョッキーは内から誰も行かなければ行くつもりとコメントしている」(土屋氏)と、その出方に注目したい1頭だ。

 2~3着に下位人気が来ることも多いレースなので、9番から外の馬の複勝率が高いこと、ダンジグ系の好走が多い点などを参考に伏兵馬にも目を配りたいところ。

 たとえば土屋氏は11番枠に入ったランカスターボンバーを「整地された馬場では国際レベル」と対抗格に評価するほか、「ライトニングスピアマーフィー騎手によると『騎乗する3競走の中でこの馬が一番状態がいい』とのこと」との現地情報もつかんだ。

 前哨戦上位馬を軸としながらも、うまく人気薄をピックアップして高配当を狙いたいレースである。

ページトップへ