競馬場紹介

Course

フレミントン競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

歴史、規模とも随一のオーストラリアを代表する競馬場。メルボルン入植が始まったのは1835年だが、わずか5年後の1840年3月には現在のマリビルノン河畔の土地で最初の競馬が開催された。当初は「メルボルン競馬場」として知られていたが、市街地から向かう途中で通過する私有地が、所有者の妻の出身地であるスコットランドの街にちなんで「フレミントン」と称されていたことから、1850年代のゴールドラッシュに伴い街が急発展する頃には、メルボルン競馬場も「フレミントン競馬場」と呼ばれるようになっていたという。中心地から5kmという絶好のロケーションで、オーストラリア第2の都市の成長とともにあり続けてきた競馬場は、2006年に国家遺産の指定を受けている。

街が発展の最中にある1855年のヴィクトリアダービーをはじめ、1861年にはメルボルンCを創設するなど、現在も国内有数の大レースを多く開催。とくにメルボルンCは「The Race That Stops The Nation(=国を止めるレース)」と表されるほどの熱狂を呼び、レース開催日である11月第1火曜日のメルボルン地区は祝日になる。

2006年には日本からデルタブルースとポップロックがメルボルンCに参戦し、ワンツーフィニッシュの歴史的快挙を成し遂げている。デルタブルースの勝利は日本調教馬として初の豪州G1制覇だった。

コース紹介

コース紹介

コースは左回りで1周2312m。最終コーナーからゴールまでの直線は450m、奥には1200mの直線コースが延びており、メルボルンカップは直線コースの900m地点付近から発走する。上空から見ると整った水滴型をしており、向正面から最後の直線に至る大きなコーナー部分だけで約900mある。オールフラットで直線が十分にあり、コーナーも大きくゆったりしているため、全体的にフェアなコースとされている。

コースの水はけが良く、メルボルン地区の他の競馬場にくらべて馬場が固くなりやすい。1000~3200mの間で12の距離設定が可能だが、2000mのレコードタイムは来日経験もある女傑マカイビーディーヴァが2005年に記録した1分58秒73。1600mでも1分33秒台前半など、問われるスピードは日本の競馬場とそん色ない。

主要競走

・メルボルンC
・ヴィクリアダービー
・クラウンオークス

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ