競馬場紹介

Course

ランドウィック競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

ランドウィック競馬場で初めてレースが行われたのは1833年6月。開場当時はサンディーコース(Sandy Course)と呼ばれてにぎわいを見せていたが、立地が不便だった上に治安も悪化し、上流階級の客離れを招いて5年後に閉鎖の憂き目を見た。

しかし、1840年代からホームブッシュ競馬場でレースを開催していたオーストラリアン・ジョッキー・クラブが新たに常設競馬場の候補地を求めた結果、スタンド建築などサンディーコースの修復に着手。1860年5月29日に競馬場再開にこぎつけた。

1年後に創設されたオーストラリアンダービー(当初はランドウィックダービー)は、メルボルン地区のヴィクトリアダービーなど、国内に数ある「ダービー」の中でも最上格。また、1992年には英国女王エリザベス2世の訪問を受けて“ロイヤル”の称号使用を認められるなど、シドニー地区を代表する競馬場となっている。

2014年にはニューサウスウェールズ州政府の支援を受けて秋競馬の祭典「ザ・チャンピオンシップス」を創設。4月の第1および第2土曜日の2日間にわたり、賞金総額2000万豪ドルを用意して8つのG1を含む計12レースを集中開催し、世界の競馬カレンダーに新たな潮流を起こそうとしている。ザ・チャンピオンシップスでは2015年に日本のリアルインパクトがドンカスターマイル(ドンカスターハンデキャップ)で2着に惜敗。また、その他の開催でも2014年にハナズゴールがG1オールエイジドSを制すなど、今後は日本馬の活躍が増加するものと予想される。

コース紹介

コース紹介

コースは右回りで、楕円形というよりも4辺をカーブでつないだような長方形をしている。調教用も合わせると計8トラックあるが、レースで使用されるのは芝と全天候型芝コースの2つのみ。メイントラックの芝コースはシドニーを含むニューサウスウェールズ州最大の1周2227m。最終コーナーからゴールまでの直線は410m、残り300mから上り坂になり、コース幅は28mなど、回りこそ反対だが中京競馬場の直線(ゴールまで412.5m、最大幅30m)と非常に似ている。

全天候型芝コースは芝コースの内側にあり、「ケンジントン」の別名を持つ。日本では馴染みのない「全天候型芝」だが、砂主体の基礎に芝を養成した特殊な組成をしており、水はけが良く、管理コストも比較的安価というメリットがあるという。日本のリアルインパクトが2着に惜敗した2015年のドンカスターマイルは荒天により2日順延になったが、ニューサウスウェールズ州の競馬開催は降雨の影響を受けやすく、その対策として導入された。コースは1周2088mで直線は400m、幅18m。

主要競走

・オーストラリアンダービー
・クイーンエリザベスS
・ドンカスターマイル

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ