競馬場紹介

Course

ロンシャン競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

ロンシャン競馬場はパリ近郊・ブローニュの森のセーヌ河畔に位置し、皇帝ナポレオン3世臨場の下、1857年4月27日に最初のレースが施行された。日本の地方空港と同規模の55haとも57haともいわれる広大な敷地面積を誇り、1000mから4000mまでの距離設定が可能。2000ギニーおよび1000ギニー、パリ大賞やムーラン・ド・ロンシャン賞などのG1レースをはじめ、国内で行われる重賞レースの4割以上がロンシャンを舞台とするなど、まさにフランス競馬の顔というべき位置づけにある。

その中でも最大の呼び物となっているのがやはり凱旋門賞で、開催週には「ウィークエンド・ロンシャン」と称し、土日の2日間で純血アラブ種限定の2レースを含む計13重賞(全17レース)を施行する。2015年秋からスタンドの全面改装とオールウェザーコース新設を図り、2016年は全レースを他場で代替開催。2017年9月にリニューアルオープンを迎える。

日本馬は2015年の時点で看板の凱旋門賞に未勝利だが、その前哨戦であるフォワ賞とニエル賞を3頭が制し(計4回)、いずれも本番で4着以上と好結果につなげている。また、1999年にアグネスワールドがアベイ・ド・ロンシャン賞で優勝。これまでロンシャン競馬場における唯一のG1勝利となっている。

コース紹介

コース紹介

ロンシャン競馬場のレースは右回りで行われ、大(2750m)、中(2500m)、小(2150m)の周回コースのほか、向正面の大コーナー付近から延びる引き込み線の新コース(1400m)、さらにスタートからゴールまでを向正面で完結させる直線コース(1000m)の計5コースからなる。スタンド前の直線には設定距離によって使い分ける2つのゴール板があり、最終コーナーから手前のゴールまでは533m、奥は650mとなっている。

凱旋門賞とニエル賞ら前哨戦3レース(2400m)は大コースを舞台とし、スタート地点はグランドスタンドから見て左手奥の風車前に置かれる。ゴールまでの全景は京都競馬場の外回り1800mを拡大するとイメージしやすい。コースは「約1000mのバックストレッチ」と「約900mのコーナー」、そして「スタンド前の直線533m」の3パートに大別され、それぞれにポイントがある。

向正面の直線約1000mでは、400mを通過する辺りから10mの勾配を駆け上がって頂上に到達し、すぐに下りのコーナーセクションへと移る。勾配の比較では3倍余りになるが、この辺りは淀の坂越えを彷彿とさせる。もともと序盤から抑えたペースになりやすいうえ、ゲートを出て間もなく上り坂を迎えるため無理もできず、隊列は早く決まる傾向。その分だけポジション争いは厳しくなる。

コーナーは二段階に分けて回る形になり、直線1000mコースをまたいだ先に待ち構える「フォルスストレート」が重要なポイント。この付近でスタートから中間点を過ぎた辺りだが、下り坂で我慢を重ねてきた馬が、最後の直線と勘違いして行きたがる場合がある。ここで無駄な動きをすると、終盤のスタミナロスに影響する。

フォルスストレートの終わりに差し掛かると、ラストスパートに備えて各馬が進出を開始するが、馬群の中から進路を確保していくのがセオリー。例年、凱旋門賞の開催週は仮柵を外した馬場の内側が良いため、よほど能力が高いか展開が向かない限り、外を通って差し切るのは難しい。最後の直線に坂はなく平坦。東京競馬場(約526m)とほぼ同じ、十分な長さがある。

主要競走

・凱旋門賞
・パリ大賞
・2000ギニー

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ