競馬場紹介

Course

エプソム競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

ダービーの開催場として知られる“競馬の聖地”。ロンドンの南南西約30km、空の玄関口であるヒースロー空港から20kmほどの位置にある。

ピューリタン革命によるコモンウェルス(1649~1660年)では競馬が禁止されていたが、チャールズ2世が王政復古により即位すると、1661年3月7日にさっそくレースを開催した。これがエプソムダウンズにおける初の競馬開催と伝えられている。

1730年から5月と10月に競馬が定期開催されるようになり、1779年5月14日には第12代ダービー伯爵により3歳牝馬を集めた2400mのレース(オークス)を施行。大成功を受けて牡馬も出走可能なレースの追加が計画され、翌年に施行されたものがダービーと名付けられた。

ちなみに、オークスはレースが発案されたダービー伯爵の別荘にちなんだ名称で、第1回の勝ち馬も伯爵所有のブリジット。ダービーの名称はジョッキークラブ会長のチャールズ・バンバリー卿にちなんだ「バンバリー・ステークス」との二者択一で、コイントスの結果、ダービー伯爵が命名権を手にしたという。コイントスに敗れたバンバリー卿だが、所有馬のダイオメドで第1回ダービーを制し、その名を競馬史に刻むこととなった。

コース紹介

コース紹介

コースは左回りの馬蹄型。全長2400m、最終コーナーからゴールまでは600m。ダービーをはじめオークス、4歳以上のコロネーションCとG1はいずれも2400mで施行され、この競馬場を象徴する競走条件と言えよう。スタートからゴールまで約40mもの勾配があり、ダービーやオークスで3歳馬が走破するには非常に厳しいコースとなっている。

2400mでは向正面のスタート地点から緩やかに右カーブして1000m余り坂を上り、コースの最高地点を迎える。最初のコーナーから1400mの引き込み線、さらに1200mの引き込み線と相次いで合流する付近は平坦。その後、勝負所の最終コーナー(タッテナムコーナー)の坂を下りながら直線に入ると、最後に残り200mから急な上り坂が待ち構える。

主要競走

・ダービー
・オークス
・コロネーションC

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ