競馬場紹介

Course

ニューマーケット競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

競馬場があるニューマーケットはロンドンの北北東約100km、名門大学で有名なケンブリッジの近郊にある。英国はもとより世界のサラブレッド生産の中心地として名を馳せ、牧場や競馬場の他にも調教場や厩舎、市場(セリ)など、近代競馬に不可欠なあらゆる施設を街に集約。「競馬の故郷(=Home of Racing)」を自認し、その面目を躍如している。

ニューマーケットにおける競馬の歴史は17世紀初頭に遡り、1619年3月19日にジェームズ1世が滞在中に観戦した記録が最古のものとして伝えられている。次男で後継のチャールズ1世も競馬の愛好家でしばしばニューマーケットを訪れたが、ピューリタン革命により体制が混乱。1660年の王政復古によりチャールズ2世が即位すると、その治世下で発展を遂げていく。1666年に約6000mの周回コースで争われたニューマーケットタウンプレートは現在も同じ条件で施行されているなど、この時期を境に近代競馬の基礎が築かれていくことになった。

19世紀に入ると牡馬クラシック初戦の2000ギニー(1809年)、牝馬の1000ギニー(1814年)、さらに短距離のジュライC(1876年)といったニューマーケット競馬場の代名詞ともいうべき大レースが創設された。

コース紹介

コース紹介

コースは右回り1コーナーで、L字を反転させたような形態。コーナーから先が二手に分かれ、内側が夏場の開催で使用される「ジュライコース」、外側が春と秋の開催で使用される「ローリーマイルコース」と呼ばれている。コーナーより前の共用部分は約1800mある。

ジュライコースは全長約3400m、コーナーからゴールまでの直線が約1700mある。自然の地形を生かした英国の競馬場らしくうねりこそあるものの、坂というほどの傾斜はなくほぼ平坦。ゴール前200mを切った辺りに中山競馬場のような急勾配が現れる。このコースで施行される代表的なレースは、2000年に日本のアグネスワールドが制したG1ジュライC(1200m)、牝馬限定のマイルG1ファルマスSなど。

チャールズ2世の愛称“オールド・ローリー”に由来して命名されたローリーマイルコースは全長約4000m、コーナーからゴールまでの直線が英国の競馬場で最長の2000mもある。直線は全体的に上り傾斜になっていることに加え、残り300m付近から一段と坂の厳しさが増す非常にタフなコース。多頭数では1番や2番などスタンド側から遠いゲート番号ほど大きな不利となる。春に2000ギニーと1000ギニー(ともに1600m)が開催されるほか、秋にはミドルパークS(1200m)、デューハーストS(1400m)といった翌春のクラシック戦線に大きな影響を及ぼす2歳G1の舞台となる。

主要競走

・2000ギニー
・1000ギニー
・ジュライC

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ