競馬場紹介

Course

シャティン競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

詳細な記録こそ残されていないものの、イギリスの植民地政策下にあった香港における競馬の興りは早く、1847年にはハッピーヴァレー競馬場が開設。シャティン競馬場はそれに後れること130年余りの1978年に開場した。

シャティン開場前の1975年5月には英国女王エリザベス2世の訪問を受け、ハッピーヴァレーで第1回クイーンエリザベス2世Cが行われたが、1986年10月22日の再訪問時はシャティンで同レースを施行。1988年1月24日にマレーシアとシンガポールの競馬統括団体であるマラヤ競馬協会の所属馬を招いた香港招待C(芝1800m=後の香港C)が初開催されるなど、シャティンは香港における競馬の国際舞台として発展を遂げていった。

その後は1991年に香港マイルの前身である香港招待ボウル(芝1400m)が創設され、1994年の香港国際ヴァーズ(芝2400m)など次々とレースを新設。年末に1200mから400m刻みで4つのG1を同日開催する香港国際競走のプログラムを完成させた。また、2001年にクイーンエリザベス2世C、2007年にはチャンピオンズマイルが国際G1に昇格するなど、21世紀を迎えてシーズン後半(香港では年明け以降)のレースも充実。近年はチェアマンズスプリントプライズやスチュワーズC、ゴールドCなど5レースが国際G1に昇格し、アジア圏での存在感を飛躍的に増している。

コース紹介

コース紹介

コース紹介

芝コースをメーントラックとし、内側には主にローカル戦で使用されるオールウェザー(AW)コースも配置。坂はなく平坦で、レースは右回りで施行される。

芝はいわゆる「洋芝」で、時計的には札幌や函館の感覚に近い。直線の入り口から決勝線までは430mあり、京都競馬場の外回りより26m長い。新潟競馬場と同様、4コーナーから奥へ1000mの直線コースも伸びている。最大幅員の30.5mは中山競馬場の32mよりやや狭いが、国際G1はフルゲートが14頭に設定(中山の芝レースは最大18頭)されており大きな影響はない。

主要競走

・香港C
・クイーンエリザベス2世C
・香港マイル

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ