競馬場紹介

Course

カラ競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

“Curragh”は現地の言葉で「馬が走る所」という意味があり、3世紀には現在の競馬場一帯で戦車レースが行われていたと伝えられている。公式に記録が残された最も古い競馬開催は1741年のこと。それから100年余りを経た1868年に、周辺地域が共有放牧地として議会承認を受け、その一角にカラ競馬場が誕生した。

競馬場を含む周辺地域は首都ダブリンから南西に40kmほど離れた位置にあり、その面積は日本の1市町村分にも相当する約20平方kmに及ぶ(東京の新宿区は18平方km余り)。広大な土地は競馬場の他に調教場や軍の関連施設として使用され、そのうち東京ドーム70個分に相当する330万平方mが競馬を運営するターフクラブの管理地となっている。

カラ競馬場では3月から10月にかけて計19日間の開催があり、アイルランドで行われるG1の12レース中10レースとほとんどを施行。ダービーとオークス、2000ギニー、1000ギニー、セントレジャーの5大クラシックが全て含まれるなど、現地の競馬を象徴する存在となっている。

コース紹介

コース紹介

コースは右回りの馬蹄型をしており、向正面は上段から「プレートコース」「ダービーコース」「内回りコース」と3層を成している。最長3200mまで設定可能で、ダービー(2400m)の場合はゆったりカーブしながら坂を上り、外を回るプレートコースとの合流点付近から坂を下って約500mの直線に入る。直線入り口は平坦だが、ゴールまでじわじわと坂を上る。

スタンド前からは1400mの「直線コース」が伸びており、1300m付近でカーブしながら1600mコースが分岐。2000ギニーと1000ギニーの舞台となっている。

主要競走

・ダービー
・オークス
・2000ギニー

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ