競馬場紹介

Course

ガルフストリームパーク競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

アメリカ南部、フロリダ州マイアミの北方30kmほどに位置にガルフストリームパーク競馬場がオープンしたのは1939年2月1日のこと。開業当日はフィギュアスケートでオリンピック3連覇を果たした後、女優としても成功したソニア・ヘニーを招いてテープカットを行うなど、派手な演出で1万8000人の観衆を集める大盛況だった。しかし、翌日から集客もままならなくなり、4日目には経営破綻の憂き目を見る。

しかし、債権者の一人であるジェームズ・ドンSr.が1944年12月1日に競馬場を再開。経営を軌道に乗せると、今やケンタッキーダービーの前哨戦として最重要レースの1つに位置づけられるフロリダダービーを創設(1952年)するなど、北米競馬界における地位を確立していった。

1959年には芝コースを増設するとともに、競馬場再建に尽力したドンSr.ら一族の功績を記念してドンハンデキャップを新設。4歳以上を対象に1月下旬ないし2月上旬に施行され、近年はドバイワールドCを狙う北米馬の前哨戦として存在感を発揮している。なお、現在の競馬場運営会社であるストロナックグループが、世界最高賞金(約12億円)のペガサスワールドC創設を発表。ドンハンデキャップを新装する形で、第1回は2017年1月28日の開催が予定されている。

コース紹介

コース紹介

コースは平坦の楕円形で左回り。外周にダートコース、内周に芝コースを備えている。

2004年に競馬場の大規模改修が行われ、ダートコースは1周1600mから1800mへと延伸。1600mの発走地点は向正面の引き込み線にある。最終コーナーからゴールまでの直線は約274mで、コース幅は約27m。京都競馬場の芝内回りコース(1周1782.8m、ゴールまでの直線328.4m)のコーナーを若干大きくしたサイズ感が近いか。

芝コースは1周約1400m。2004年の改修でコース幅が約24mから約52mへと2倍以上に拡張された。東京競馬場の最大41mよりも広く、「世界一広い芝コースの1つ」がガルフストリームパーク競馬場の自慢。

主要競走

・フロリダダービー ・ペガサスワールドC(ドンハンディキャップ) ・ファウンテンオブユースS

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ