海外競馬ニュース

News

BCスプリント2着のマインドユアビスケッツ、マリブSでG1初制覇

2016年12月28日 11:01

  • 友だち追加数

 現地26日、米サンタアニタパーク競馬場で3歳G1マリブS(ダート1400メートル)が行われ、ジョエル・ロザリオ騎乗のマインドユアビスケッツが接戦を制した。

 1/2馬身差の2着はシャープアステカ、3着はテンブレッシングスだった。

 ロバート・ファルコンJr.厩舎のマインドユアビスケッツはこれで13戦4勝。2016年7月30日でG2アムステルダムS(ダート1300メートル)で重賞初勝利を飾ると、前走のG1ブリーダーズカップスプリント(ダート1200メートル)では3着入線も2着馬マゾキスティックが薬物違反で失格となり2着に繰り上がっていた。

ページトップへ