海外競馬ニュース

News

ザグレーギャツビーが転厩、ウェルド師の元で心機一転

2017年01月22日 10:56

  • 友だち追加数

 2014年の仏ダービー馬で、同年には愛チャンピオンSも制しているザグレーギャツビーがケビン・ライアン調教師の元を離れ、ダーモット・ウェルド調教師の管理馬として心機一転を図ることになった。

 新たな受け入れ先となるウェルド師は「彼は少し不運なだけで、上位クラスの馬であり続けているよ。我々がフリーイーグルとともにロイヤルアスコット(2015年プリンスオブウェールズS)で彼を下した時は短アタマ差だし、時には馬場が彼に向いていないこともあった。少しツキが必要なだけさ」と、実力馬の復活に自信を見せている。

ページトップへ