海外競馬ニュース

News

スルール師が擁す強豪牝馬たち、ドバイで重賞連勝狙う

2017年02月16日 10:21

  • 友だち追加数

 現地16日にドバイのメイダン競馬場で行われるG2バランシーンステークス(牝馬限定、芝1800m)に出走予定のベリースペシャル。昨年のメイダン開催でケープヴェルディステークスとバランシーンSを連勝したが、今季も前走でケープヴェルディSを快勝しており、この一戦を勝てば2レースとも連覇達成となる。

 バランシーンSは前走で1/2馬身の2着に退けたオパールティアラ、さらにクビ差の3着だったマフリハとの再戦の様相。今回は両馬より1.5kg重い斤量が課題だが、S.ビン・スルール調教師は「前走は仕上がりが良かったし、よく走ってくれたね。去年より強くなっている感じで、コンディションもさらにいいよ。先週末の調教が凄く良くて、態勢も整っているから、また勝てればね」と状態には太鼓判を押している。

 また、同日のG3ドバイミレニアムステークス(芝2000m)で、1月26日のG2アルラシディヤからの連勝を狙う4歳牝馬プロミシングランについては「アルラシディヤの勝ちっぷりが良かったし、彼女も今季の牝馬の中では強い方だね。距離(2000m)は合っていると思う。このところ調教の動きもいいよ」と自信を見せた。

ページトップへ