海外競馬ニュース

News

クレイヴンSに臨むリベト、英2000ギニーへの正念場

2017年04月20日 13:20

  • 友だち追加数

 W.ハガス調教師は現地20日のクレイヴンステークスに出走するリベトが、英2000ギニーの有力馬たる証を立ててくれるものと期待している。

 リベトは2歳時にドンカスター競馬場でG2シャンペンステークスとG1レーシングポストトロフィーを勝ったものの、デューハーストステークスでは不甲斐ない結果に終わった。その際にA.アッゼニ騎手はロウリーマイルコース(ニューマーケット競馬場)のうねりのあるコース形状がリベトに不向きと感じたようだが、ハガス師は他に敗因を求めており、5月6日の1冠目に向けてニューマーケットで再走する機会を待ち侘びていた。

「アンドレア(アッゼニ騎手)はデューハーストのコースが不適としていたけど、私としては速い馬場状態での7ハロン(が敗因)だと考えている。進んで行かなかったし、無理をさせなかったんだ。条件が合っていないと思ってね」と振り返るハガス師。「個人的には(ニューマーケットの)トラックも問題ないと思ってるけど、もしこなせないようなら、英2000ギニーに使うか疑わしいね」と最終査定の場とすることを明かした。

ページトップへ