海外競馬ニュース

News

G2デュークオブヨークSは人気馬総崩れ、伏兵タスリートが快勝

2017年05月18日 13:32

  • 友だち追加数

 現地17日にヨーク競馬場で行われたG2デュークオブヨークステークス(芝6ハロン)は、単勝6番人気で並んだタスリートがマジカルメモリーに2馬身1/2差をつけて完勝。さらに1馬身1/2差の3着には最低人気タイのコミカスが続き波乱の決着となった。

 前走でG3アバーナントステークスを制し、1番人気に推されたブランドは最下位の12着、2番人気で昨秋のG1英チャンピオンズスプリントステークス勝ち馬ザティンマンは5着に終わった。

 W.ハガス調教師は「彼には速い馬場がいいと思っていたけど、そんな思いに反発したかのようだね。今後は彼を一人前の男にするために、ステークスに使っていかなければ」と道悪の一戦を快勝したタスリートの能力を再認識。「ダイヤモンドジュビリー(ステークス)に直行するよ。彼をG1ウィナーにするため挑戦するんだ。フランスの可能性もある。モーリスドゲスト賞は完ぺきだね」とG1挑戦に意欲を見せた。

ページトップへ