海外競馬ニュース

News

ミドルトンSは波乱、最低人気のブロンドミー快勝

2017年05月19日 12:43

  • 友だち追加数

 現地18日、英ヨーク競馬場にてG2ミドルトンステークス(牝馬限定、芝10.5ハロン)が行われ、O.マーフィー騎乗の最低人気馬ブロンドミーが快勝した。

 2着は1馬身1/4差でザブラックプリンセス。昨年の米G1ブリーダーズカップフィリー&メアターフの勝ち馬クイーンズトラストは出走4頭中の最下位に終わった。

 A.ボールディング厩舎の5歳馬ブロンドミーは、昨年9月にトルコG2トプカピトロフィーで重賞初勝利。しかし、続くイタリアG1リディアテシオ賞は10着に沈み、ここはそれ以来のレースだった。

ページトップへ