海外競馬ニュース

News

英チャンピオンSに49頭が予備登録 凱旋門賞後の状態次第でエネイブル参戦か

2017年08月10日 13:50

  • 友だち追加数

 現地9日にG1英チャンピオンステークス(10月21日、アスコット競馬場)の予備登録が発表になり、前年の覇者アルマンゾルや今年の英愛オークス馬エネイブルら計49頭が名乗りを上げた。

 エネイブルは英チャンピオンSの他に同日の英チャンピオンズフィリーズ&メアズステークスにも登録。同馬は今月24日のG1ヨークシャーオークスに出走を予定し、その後は凱旋門賞(10月1日)を大目標としているものの、関係者はチャンピオンズデーへの道を除外していない。

 エネイブルを管理するJ.ゴスデン調教師は「確かにアスコットの両レースに登録した。そして、今年の凱旋門賞とチャンピオンズデーの間隔は(例年より)1週長い。つまり調教師の立場からすると、13日で回復しなければならないものが20日あるのだから、全ての可能性が開けたということさ」と、凱旋門賞後の状態次第でエネイブルがチャンピオンズデーに参戦する可能性を示唆している。

 また、今季未出走のアルマンゾルについてJC.ルジェ調教師は「まだ何も決めていないよ。8月15日のゴントートビロン賞での復帰後に、より多くのことが分かるだろう。先週火曜(1日)の調教は満足のいくものだったし、100パーセントでなくとも十分なパフォーマンスを期待している」と見通しを語っている。

 なお、エネイブルとアルマンゾルのほか、英チャンピオンSにはザラックやユリシーズ、バーニーロイ、ウィンター、チャーチル、ハイランドリールら強豪の名前が見られる。

ページトップへ