海外競馬ニュース

News

チリ産馬ダシータ、ビヴァリーD.Sで米移籍後2度目のG1勝ち

2017年08月13日 16:00

  • 友だち追加数

 現地12日にアーリントンパーク競馬場でG1ビヴァリーD.ステークス(牝馬限定、芝9.5ハロン)が行われ、単勝5番人気のダシータが後方追走から直線で鋭く差し切りを決めた。

 1/2馬身差の2着は1番人気のドナブルーハと2番人気グランジュテによる同着となった。

 南米チリ産のダシータは現地でG1を3勝後にアメリカへ移籍。昨年7月のダイアナステークスで移籍後のG1初制覇を飾り、今回で2度目のG1勝ちとなった。

ページトップへ