海外競馬ニュース

News

【フォワ賞 現地情報】サトノ2騎が調教を予定通り消化、池江調教師「枠はどこでも大丈夫」

2017年09月08日 20:30

  • 友だち追加数

 追い切り後も順調に調整を進めているサトノダイヤモンドとサトノノブレス。レース2日前は当初の予定通り、リオンの坂路での調教となった。1本目はサッと軽く流して、2本目はキャンター。併せ馬ということではなかったが、ノブレスが前を行き、ダイヤモンドはその後ろから。そのまま2頭は各々のペースでフィニッシュとなった。以下、池江調教師のコメント。

「今朝は坂路で1000mを2本。1本目はハッキングで、2本目がキャンター。2頭共に問題なくきています。追い切り後も順調で、特にダイヤモンドは腹周りが引き締まって、素軽さが出てきています。

フォワ賞は6頭立てになったようですが、枠はどこでも大丈夫です。特に希望はありません。こちらの競馬場も初めてなので、レース当日はスクーリングがてら待機馬房やパドックなどが、どのようになっているのか経験してもらいたいです」

ページトップへ