海外競馬ニュース

News

ヴィンセントオブライエンナショナルS、バーバルデクスタリティが制す

2017年09月12日 12:30

  • 友だち追加数

 現地10日、愛カラ競馬場にてG1ヴィンセントオブライエンナショナルステークス(2歳、芝7ハロン)が行われ、K.マニング騎乗のバーバルデクスタリティが快勝した。

 2着は3馬身半差でベックフォードだった。

 J.ボルジャー厩舎のバーバルデクスタリティは7ハロンのデビュー戦を9馬身半差で圧勝。前走のG2レイルウェイステークス(芝6ハロン)ではベックフォードの2着に敗れたが、距離が7ハロンに戻った今回はベックフォードへの雪辱を果たして重賞初勝利をG1で達成した。

ページトップへ