海外競馬ニュース

News

シンプルヴァーズ、G2ロングディスタンスCで戦列復帰へ

2017年09月13日 13:00

  • 友だち追加数

 R.ベケット調教師は2015年のG1英セントレジャーを牝馬ながら制したシンプルヴァーズを、現地10月21日にアスコット競馬場で行われるG2ロングディスタンスカップ(芝16ハロン)で復帰させたい意向を示した。

 5歳牝馬のシンプルヴァーズは今年、6月のG1英ゴールドカップ(芝20ハロン)で最下位の14着。8月のG1グッドウッドカップ(芝16ハロン)は出走を取り消しと、不本意なレースが続いている。

 ベケット師は「シンプルヴァーズはチャンピオンズデー(ロングディスタンスカップ)まで走らせないつもり。グッドウッドカップで筋肉系のトラブルを抱え、カドラン賞(9月30日の仏G1、芝4100m)には間に合わない。それは残念なことだが、アスコットまでも6週間しかないのが現実だ」

【おすすめリンク】

ページトップへ