海外競馬ニュース

News

仏調教の2歳馬ディファレントリーグ、英国再遠征でG1獲りに挑戦

2017年09月14日 15:50

  • 友だち追加数

 ロイヤルアスコット開催のG3アルバニーステークスを制したフランス調教馬ディファレントリーグが再び英国遠征し、現地30日の2歳G1チェヴァリーパークステークスに挑むことになった。

 同馬を管理するM.パルシェール調教師は「ディファレントリーグのターゲットはチェヴァリーパークSだ。私がニューマーケット競馬場で管理馬を走らせるのは初めてになる」と出走を明言。「馬場が固い方が彼女にとってはいいだろうね。でも、道悪になったとしても心配してないよ」と自信を語った。

 また、F.ヘッド調教師は無敗のポリードリームをチェヴァリーパークSに使うか検討中。ただし、6ハロンのペースが合わないとも感じており、8ハロンのG1マルセルブーサック賞にする可能性もある。同師は「オーナーたち(ヴェルテメール兄弟)と話し合って、一両日には決めたいと思う」としている。

ページトップへ