海外競馬ニュース

News

豪メルボルンカップ出走のトーマスホブソン、鞍上に名手モレイラ確保

2017年10月13日 13:45

  • 友だち追加数

 現地11月7日の豪G1メルボルンカップにアイルランドから遠征するW.マリンズ厩舎のトーマスホブソンに、香港の名ジョッキーとして知られるジョアン・モレイラ騎手が騎乗することになった。

「マジックマン」の愛称で日本でも知られるモレイラ騎手の確保について、マリンズ調教師の息子でアシスタントを務めるパトリック氏は「大きな援護になる」と喜んでいる。

 7歳馬のトーマスホブソンは平地と障害の両方をこなす「二刀流」のステイヤー。今年は4月の障害レースを勝ち、9月の前走では平地のG2ドンカスターカップ(芝18ハロン)で2着と好走している。

 なおマリンズ厩舎からはマックスダイナマイトとウィックローブレーブの2頭もメルボルンカップに遠征予定。ウィックローブレーブは21日の豪G1コーフィールドカップにも出走を予定している。

ページトップへ