海外競馬ニュース

News

【香港スプリント枠順】レッツゴードンキは7番ゲート、ワンスインナムーン2番ゲート

2017年12月07日 13:40

  • 友だち追加数

 現地7日、10日にシャティン競馬場で行われる香港国際競走の枠順抽選が行われ、香港スプリント(芝1200m)に出走予定のレッツゴードンキは7番ゲート、ワンスインナムーンは2番ゲートに決まった。

 また注目の外国馬では、地元勢のミスタースタニングが4番ゲート、5月のG1チェアマンズスプリントプライズを勝利したラッキーバブルズは1番ゲート、一昨年の香港スプリント覇者ペニアフォビアは9番ゲートとなった。

香港スプリントの馬番・ゲート番は以下の通り。(左から馬番、ゲート番、馬名)

1、4、ミスタースタニング(セ5)

2、1、ラッキーバブルズ(セ6)

3、9、ペニアフォビア(セ6)

4、8、ザウィザードオブオズ(セ6)

5、6、アメージングキッズ(セ6)

6、10、ノットリスニントゥーミー(セ7)

7、5、サインズオブブレッシング(セ6)

8、13、ザライトマン(セ5)

9、3、ブリザード(セ6)

10、12、ディービーピン(セ5)

11、11、ストーミーリベラル(セ5)

12、7、レッツゴードンキ(牝5)

13、2、ワンスインナムーン(牝4)

ページトップへ