海外競馬ニュース

News

有終の美を飾ったハイランドリール、「彼にふさわしいラスト」とムーア騎手

2017年12月11日 11:55

  • 友だち追加数

 A.オブライエン厩舎の5歳馬ハイランドリールは、現地10日に香港シャティン競馬場にて行われたG1香港ヴァーズを制覇。自身の引退レースを見事に勝利で飾った。

 ハイランドリールはこれで世界各国のG1を7勝。香港ヴァーズは2年ぶりの勝利で、前走の米G1ブリーダーズカップターフで後塵を拝したタリスマニックを2着に下して雪辱も果たした。

 騎乗したR.ムーア騎手は「香港には3年連続で来たし、ハイランドリールとは世界中を回ったね。彼にふさわしいラストになった。種牡馬としても本当に楽しみだよ」と長くコンビを組んだ相棒をねぎらっていた。

ページトップへ