海外競馬ニュース

News

​トーストオブニューヨークに朗報、ペガサスWCへの出走承認

2017年12月19日 11:40

  • 友だち追加数

 現地16日、約3年ぶりの戦列復帰を果たした6歳馬トーストオブニューヨークの陣営に、来年1月27日に米ガルフストリームパーク競馬場にて行われる世界最高賞金レース、G1ペガサスワールドカップ(ダート9ハロン)への出走を認める通知が届いた。

 ペガサスワールドカップへ出走するためには、12の出走枠のひとつを買い取る必要がある。その承認を得られたことにJ.オズボーン調教師は「本当にグッドニュースだ」と喜びをあらわにしている。

 トーストオブニューヨークは2014年にG2 UAEダービー優勝、G1ブリーダーズカップクラシック2着など活躍し、その後にアルシャカブレーシングが購入。2015年のドバイワールドカップを目指して調整中に腱の負傷により引退して一度はカタールで種牡馬入りしたが、今月6日にリングフィールド競馬場の一般戦(オールウェザー10ハロン)で現役復帰。見事に勝利を挙げていた。

ページトップへ