海外競馬ニュース

News

​米年度代表馬、ガンランナーら3頭が最終候補に

2018年01月06日 13:20

  • 友だち追加数

 現地5日、アメリカ競馬界の年間表彰となるエクリプス賞の最終候補が発表。年度代表馬部門ではG1ブリーダーズカップクラシックなどを勝ったガンランナーなど3頭が名を連ねた。

『bloodhorse.com』によると、年度代表馬候補に残ったのはガンランナーのほかにアロゲートとワールドアプルーバル。最終結果は今月25日の発表予定となっている。

 S.アスムッセン厩舎のガンランナーは昨年、3月のG1ドバイワールドカップではアロゲートの2着に敗退。しかし6月のスティーブンフォスターハンデキャップを勝利すると、ホイットニーステークス、ウッドワードステークス、そしてBCクラシックと破竹のG1レース4連勝を達成した。

 2016年のエクリプス賞では最優秀3歳牡馬に選ばれたアロゲートは昨年、1月のG1ペガサスワールドカップ、3月のG1ドバイワールドカップを連勝。しかし以降は3連敗と失速し、引退レースだったBCクラシックもガンランナーに雪辱を許して5着に終わった。

 ワールドアプルーバルは5月にG2ディキシーステークスを制すると、6月のG1マンハッタンステークスこそ5着だったが、その後はフォースターデイヴハンデキャップ、ウッドバインマイル、そしてブリーダーズカップマイルと芝のマイルG1を3連勝した。

ページトップへ