海外競馬ニュース

News

​香港G1馬が始動、タイムワープは香港スチュワーズカップへ

2018年01月06日 14:15

  • 友だち追加数

 昨年12月のG1香港カップ(芝2000m)を制したタイムワープが、現地5日に調教を再開。今月28日に行われるG1香港スチュワーズカップに出走する予定であることが分かった。

 香港ジョッキークラブによると、タイムワープを管理するA.クルーズ調教師は香港スチュワーズカップから2月末のG1香港ゴールドカップを経て3月末のドバイ遠征を計画しているとのこと。ドバイでの出走レースは現時点ではG1ドバイターフ(芝1800m)とG1ドバイシーマクラシック(芝2410m)の両にらみだという。

 またこの日は、G1香港スプリント覇者のミスタースタニングも始動。こちらは今月28日のG1センテナリースプリントカップ(芝1200m)へ向かう予定のようだ。

ページトップへ