香港ヴァーズ

Hong Kong Vase

2017/12/10(日)15時00分発走 ※発走日時は日本時間

香港国旗シャティン競馬場

  • 友だち追加数

沿革

沿革

香港ヴァーズ (G1)
2017年12月10日(日)
香港 シャティン競馬場
芝右2400m 3歳以上
4歳以上牡・セン馬 57kg
4歳以上牝馬 55.25kg
3歳牡・セン馬 55kg
同南半球産 50.25kg
3歳牝馬 53kg
同南半球産 48.5kg

総賞金:約2億5825万円(1800万香港ドル)
1着賞金:約1億4720万2000円(1026万香港ドル)
(為替レートは2017年7月時点の主催者発表)

1994年に準重賞(Listed)の香港国際ヴァーズとして創設。2年後にはひと足飛びに国際G2の格付けを受け、1999年に香港ヴァーズに改称した。G1昇格を果たしたのは2000年。その翌年には引退レースと定めて臨んだステイゴールドが劇的なゴール前差し切りで制し、悲願のG1制覇を果たすと同時に日本調教馬としても初の勝どきを挙げた。その後、日本調教馬は長らく苦戦が続いたが、2016年にサトノクラウンが前年の覇者で大本命のハイランドリールを破って久々の勝利を手にしている。

香港ではスプリントやマイル路線の層が厚い一方で長距離戦はレース数自体が少なく、地元勢の勝利はG1昇格前を合わせても2勝と不振。2000年のG1昇格後ではフランス調教馬が7勝、英国調教馬が5勝を挙げ、欧州勢が未勝利の香港スプリントとは対照的な傾向を示している。

これまで英国のルソー(1996、1997年)とフランスのドクターディーノ(2007、2008年)の2頭が連覇。2勝以上したのもこの2頭となっている。

  • 友だち追加数
ページトップへ