コラム

Column

【香港マイル】市丸博司の見解

2017年12月08日 17:00

  • 友だち追加数

昨年は当欄でビューティーオンリーを推奨。ヘレンパラゴンジョイフルトリニティも取り上げて、個人的には3連単の好配当をゲットできた。日本のマイル戦線は昨今、地盤沈下が指摘されている。今年も日本馬を消して好配当を狙いたい…と書きたいところだが、今年の日本馬は1頭。それも、ここ2戦いいところがないサトノアラジンのみである。

 さて、サトノアラジンが人気になるか、というと、恐らくはそれほど人気にならないだろう。香港馬のワンツースリーで好配当が出ているだけになおさらだ。日本馬を消したからといって好配当が望めるわけではない。これがこのレースを難しくしている。

 今年の市丸流レーティングは大混戦。サトノアラジンを含む4頭が同率首位に並んだ。しかし、よく成績を見てみると、昨年の覇者ビューティーオンリーはその後8連敗。5月のチャンピオンズマイルで2着しているとはいえ、あまり大きくは推し辛い。

 ヘレンパラゴンはビューティーオンリーよりは着差が少ないところで頑張っている。1・2月に香港G1を勝ったし、前走香港ジョッキークラブマイルで2着と調子も上がってきた。しかし、ここから入るというのはリスクが大きい気がする。

 ローリーポーリーは今年だけで3度G1を勝っているが、いずれも直線競馬。前走はブリーダーズカップマイルに遠征して11着と大敗している。穴として面白そうではあるが軸馬とまでは行かない。

 そしてわれらがサトノアラジン。ここ5戦で大敗した3戦はいずれも道悪。良馬場なら、といいたいところだが、昨年の香港マイルは良馬場で7着だった。基本的には信頼しづらい馬である。

 それではどうするか。モレイラ騎手で前哨戦を勝ったシーズンズブルームでどうだろう。上がり馬だけに実績はなく、レーティングは低め。しかし、ここへ来ての勢いは見逃せない。JRA-VANのインタビューでもモレイラ騎手が「最も自信がある」と発言していた。勝ったり負けたりのレーティング上位馬よりは、いま一番伸びている上がり馬、という選択肢を取りたい。

 2番手はその前哨戦で3着のビューティージェネレーション。この馬もG3、G2と段階を踏んで前走が3着。成長著しい。

 3番手に前述のヘレンパラゴン、4番手に春のチャンピオンズマイルの覇者コンテントメント。そのあとにローリーポーリーランカスターボンバーオブライエン厩舎勢としておく。

ページトップへ