コラム

Column

【香港スプリント】土屋真光の見解

2018年12月07日 17:00

  • 友だち追加数

 昨年の勝ち馬ミスタースタニングが出走するが、実際のところ香港には明確なチャンピオンスプリンターが不在だ。というよりは、横綱級が揃いに揃って、香港の競馬史上最もレベルが高い年だと思われる。何しろ、この1年間のG1勝ち馬だけで3頭、その3頭のG1馬をまとめて負かした馬が2頭という面々。同じ時代に産まれていなければ、それぞれがチャンピオンになっていてもおかしくないレベルの馬たちばかりだ。

 そういう意味では、ただでさえレベルが超絶に高い香港のスプリント戦線、今年は異次元レベルだと言っても過言ではないだろう。ということで、今年は外国招待馬の出番はないと断言してしまう。充実一途のファインニードルとて、ここに食い込むのは実力だけでなくプラスアルファの要因が必要だろう。

 傾向から見ると、格闘技のようなレースとなりやすい香港のスプリントG1で必要なのはまずは馬格。昨年のミスタースタニングは490kgでも軽いほうで、2、3着とも500kgを超えている。当たり負けしないためにも500kg以上は必要だ。

 また、リピーターが強い傾向もある。エアロヴェロシティ、ロードカナロアなど2勝した馬も。

 そして、意外に直近の成績は問わないということだ。例えば香港スプリントを2勝したエアロヴェロシティは、ともに前走は14着、3着に敗れている。

 あとは枠順。大外は思い切って前に行ける脚質でないと厳しく、また、最内枠も揉まれ込まれやすいために意外に成績が奮わない。

 これらを踏まえて、1番手には昨年の勝ち馬ミスタースタニングとしたい。馬体重という面では実は今シーズンは500kgを上回っておりよりパワーアップ。それ以前も香港のスプリント戦線で高いレベルで安定した成績を残していただけに、この馬体重の増加は好意的に捉えたい。ここ2戦ホットキングプローンに敗れてはいるものの、斤量差もあった。9番枠はやや不利だが、揉まれ込まれない枠と考えれば好意的に受け止められるし、外のホットキングプローンをけん制しやすい。リピーターという点でも強く推奨できる。

 2番手には新星ホットキングプローン。この馬のスピード能力はやはり一目置かざるを得ない。渋った場合も前に行く組が有利なのはシャティン競馬場の鉄則でもある。仮に控える形になっても馬格は十分だが、この枠なら行く他ないだろう。まだまだ底を見せていない点も魅力だ。

 3番手にはビートザクロック。この馬も年間を通して高いレベルで安定している。そろそろ大きいタイトルが欲しいところ。鞍上に迎えたR.ムーア騎手は香港の短距離はあまり得意としていないが、マイナスになることもないはず。実力通りに走れば上位は確実。

 4番手にアイヴィクトリー。ここ2戦は不本意なレース内容だが、先週行われたバリアートライアルでは先行したミスタースタニングをねじ伏せるような内容で進境が見られた。復活を期待。

 5番手にはリトルジャイアント。重賞未出走で格的には見劣るが、持ち時計で見れば十分に通用するレベル。故障がちで使っていない分、6歳だがまだまだ若い。パンとすれば大きいところで勝ち負けになる器だ。

ページトップへ