コラム

Column

【香港マイル】土屋真光の見解

2018年12月07日 17:00

  • 友だち追加数

 昨年はシーズンズブルームが人気を裏切り、JRAのオッズで6番人気だったビューティージェネレーションが戴冠。その後、シーズンズブルームもG1を勝ってはいるものの、ビューティージェネレーションは無双状態が続いており、前走の前哨戦・ジョッキークラブマイルもコースレコードで制するなど手がつけられない状況だ。

 香港マイルは香港スプリントとほぼ同様に香港調教馬がめっぽう強い。この10年でも、香港マイルを勝った外国馬はモーリスだけだ。一方で、人気通りに収まらないことが多いのも香港マイルの特徴だ。昨年の結果も2着に13番人気のウエスタンエクスプレスが飛び込み、一昨年も4番人気のビューティーオンリーが勝って、2着は8番人気ヘレンパラゴン、3着は9番人気のジョイフルトリニティという結果だった。香港ではこれらの馬は日本よりも多少人気にはなっているものの、1番人気ではなかった。そこで、今年のビューティージェネレーションに、付け入る隙があるかだが…。

 敢えて気になる点があるとすれば、前走後に4日間運動を控えたことだ。これまでのビューティージェネレーションを見ると1日間を空けることはあっても、ここまでの日数運動を控えることは見られなかった。ただ、その後はレース前週までに2本追い切りを消化しており、仮に何かがあったとしてもそれがリカバーされていると見ることができる。さて、この4日間の休みがどう出るのか…。

 ここでは、それでも1番手にビューティージェネレーションとしたい。強いのは承知の上。後続に有無を言わせない先行力とスピードの持続力、そしてそれを維持するためのスタミナの全てを併せ持っている。怖いのは出遅れたときと包まれたときと考えていたが、むしろ11番枠ならその心配は少ない。ペースの変化に弱いため、できればワンペースで押し切りたい。それだけに序盤が勝負だ。

 2番手には香港のフィフティーフィフティー。春はマイルG1のスチュワーズCで勝ちに等しい2着で、続くG1クイーンズシルバージュビリーCも3着に好走した。ベストの距離は1400mだが、そういったタイプも香港マイルでは好走しやすい。4番枠もプラスで、人気の盲点となるはず。

 3番手にも香港のサザンレジェンドを挙げる。香港での重賞勝ちはないが、5月にはシンガポールに遠征してローカルG1のクランジマイルを楽勝している。前走のジョッキークラブマイルも決してフロックではない。むしろ軽視されるようなら美味しい1頭だ。

 続いてイギリスのワンマスター。馬の成長を待つW.ハガス調教師らしい方針でデビューは3歳の8月と遅かったが、今年になって見事に華を開き、G1フォレ賞を勝利。前走BCマイルの敗戦が極悪に渋った馬場によるものだとすれば、シャティンの馬場はプラスになるはず。

 日本馬ならこれが引退レースのヴィブロス。距離はひとつ短い印象も、ワンターンの競馬はプラスになるはず。追い切りの動きもひじょうに雄大で、スケール感があった。最後の大仕事に期待する。

 ペルシアンナイトも上位は十分に考えられるが、いかんせん大外はマイナス。モズアスコットは無印。春の強行軍の影響はまだ尾を引いており、加えて内枠ではよさが出せないという見立てだ。

ページトップへ