コラム

Column

【ドバイターフ】専門家の見解

2019年03月29日 15:00

  • 友だち追加数

【木村拓人(馬三郎)の見解】
 4、5、6歳の日本牝馬3頭が人気の中心になるであろうワンターンの1800m。瞬発力が生きやすい形状だけに、過去の実績を見ても日本馬が有利になりやすい。

 そして今年は何と言っても最強牝馬アーモンドアイが参戦。となれば中心は揺るぎない。ジャパンカップからの距離短縮となるが、体形的にはむしろこれくらいの距離が合う印象。

 曾祖母セックスアピールはエルグランセニョール、トライマイベストを輩出した名牝で、日本にも多く入っている血統だが、重賞級の活躍を見せている馬は案外少ない。これは日本向きの素軽さに欠けているためと考えているが、そんな底力血統にロードカナロア、サンデーサイレンスのスピードが掛け合って生まれた傑物。日本と適性的に大きく違わないドバイの芝が合わないとは到底思えず、ここすら通過点と言えるだろう。

 ヴィブロスは海外の芝がすこぶる得意で一昨年1着、昨年2着。前走の香港マイル出走時も気配抜群で、今回も大崩れするイメージは少ない。

 ディアドラは前走がハリひと息に見えた。しかし、昨年も京都記念6着から巻き返して3着同着となっているように評価を落とす必要はないだろう。海外勢では二走前は脚を余して4着、前走は掛かり気味で2着と負けているウートンの巻き返しに注目。


【土屋真光の見解】
 もちろんどれが最有力馬といえばアーモンドアイと言わざるを得ないだろう。昨年の1年を通して見せたパフォーマンス、能力は、たとえ初の海外であっても疑いようがない。他国の馬もそれなりに結果を収めてきた馬たちではあるが、超絶一線級の馬は不在。先々に向けて恥ずかしいレースはできないはずだ。ここはしっかりと力を見せて欲しいという願いも込みで1番手とする。

 2番手には香港のサザンレジェンドを挙げる。国際的な格付けのある重賞の勝ち鞍はないものの、昨年のシンガポールG1クランジマイル勝利や、昨年末の香港マイルでヴィブロスと僅差の3着、そして前走の香港ゴールドカップ2着などは力のある証だ。とりわけ評価したいのが前走。初の2000mにも関わらず、グロリアスフォーエバー、タイムワープ、パキスタンスターらに堂々と先着を果たした。もちろん勝ち負けよりも、末脚勝負に徹してのものだけに、着拾いという印象もないわけではないが、それでも距離延長でも相手なりに走れることを証明した一戦だと言える。波乱の一翼として期待。

 3番手には地元の上がり馬ドリームキャッスル。上がり馬と表現してはみたものの、3歳時には英2000ギニーで5着という実績の持ち主。ただ4歳時は伸び悩んだが、5歳を迎えて重賞3連勝と一気に本格化となった。

 もう1頭波乱の候補として、ロードグリッターズの名前を挙げる。昨年のG1クイーンアンステークス2着、G1サセックスステークス3着など、こちらも相手なりに走れる能力を持つ。昨年10月からのぶっつけだけが不安要素だが、意欲的に毎日芝コースで調整されている姿に、それを補うだけの魅力を持つ。以下、ディアドラヴィブロスのコース実績のある日本牝馬2頭までを注目したい。


【市丸博司の見解】
 断然1番人気となるだろうアーモンドアイが1番手であることに異論はない。3歳時はほぼパーフェクトな成績。4歳馬となって上積みもあるとなれば、日本競馬では不世出の名牝となる可能性もある。このくらいのメンバーなら負けられないという説にも、ほぼ同意したい。

 しかし、である。もう一頭、ここで狙いたい馬がいる。ディアドラである。秋華賞を勝ったあと一時不振だったが、昨年のこのレースでは3着同着。しかも、2着ヴィブロスとはクビ差だった。その後牝馬限定の重賞を連勝し、暮れの香港カップではタイムワープを降しての2着。今の充実ぶりなら、初めての海外遠征であるアーモンドアイに土をつけることになっても驚かない。

 前哨戦の中山記念での凡走はヴィブロスが前2年連続でやって、本番1、2着だった。この馬自身、昨年は京都記念凡走からドバイターフで好走している。いわば吉例というわけだ。

 そのヴィブロスは、さすがに全盛期からは衰えが来ているように思う。上記2頭よりは落ちるか。それでも、香港マイルでビューティージェネレーションの2着。ここでも3着争いには食い込めるだろう。

 あとは3着候補としてドリームキャッスルサザンレジェンドウートンまで。

ページトップへ