海外競馬ニュース

News

アエロリット米新設G1は仏生まれジェルー騎手騎乗

2019年01月04日 10:45

  • 友だち追加数

 今年新設される米G1のペガサスワールドCターフ(芝1900メートル、ガルフストリームパーク競馬場=26日)に出走を予定しているアエロリット(牝5、菊沢)の鞍上が、フランス生まれのフローレン・ジェルー騎手(32)に決まった。2日、菊沢師が話した。

 現在、米国を拠点にしている同騎手は、17年の米年度代表馬ガンランナーの主戦。昨年だけで米G1・5勝を挙げたモノモイガールとのコンビでも活躍した。アエロリットはペガサスワールドCターフに51キロで出走。9日に検疫を受け、15日に成田空港を出発する予定。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ