海外競馬ニュース

News

ルヴァンスレーヴはフェブラリーSとドバイを断念

2019年01月15日 17:15

  • 友だち追加数

 昨年のチャンピオンズC覇者で最優秀ダートホースに選出されたルヴァンスレーヴ(牡4、萩原)がフェブラリーS(G1、ダート1600メートル、2月17日=東京)への出走を断念したことが15日、分かった。

 同馬はこれまで通算8戦7勝。ジャパンダートダービー、南部杯、チャンピオンズCでG1を3連勝中。同馬を所有するG1サラブレッドクラブHPによると、前走後に左前脚の球節に軽度の不安が出たため、大事を取ることになった。3月30日のドバイWC(G1、ダート2000メートル、メイダン)への登録も見送っており、今後は放牧先の山元トレセンで回復に努めることになる。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ