海外競馬ニュース

News

メルボルンC覇者クロスカウンターがシーマCを検討

2019年03月01日 11:05

  • 友だち追加数

 昨年のメルボルンC覇者クロスカウンター(セン4、C・アップルビー、父テオフィロ)がドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル、3月30日=メイダン)への出走を検討していることがわかった。27日、ドバイレーシングクラブが公式ニュースで伝えている。

 昨年11月のメルボルンCでは豪快な差し切りでオーナーのゴドルフィンにメルボルンC初制覇をもたらした同馬。当初は同日のドバイゴールドカップ(G2、芝3200メートル、3月30日=メイダン)参戦が濃厚だったが、アップルビー師は「準備は順調にきている」と話し、シーマクラシックとゴールドカップの両にらみであることを明かしている。

 ドバイシーマクラシックには日本からレイデオロ(牡5、藤沢和)、スワーヴリチャード(牡5、庄野)の2頭が出走予定。モハメド殿下率いるゴドルフィンは17年ジャックホブス、18年ホークビルに続く3連覇を狙う。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ