海外競馬ニュース

News

ノーザンF代表もクルーガー2着に大興奮/QES

2019年04月14日 11:30

  • 友だち追加数

 クイーンエリザベスSで日本調教馬クルーガー(牡7、高野)が女王ウィンクスの2着に好走した。

 中山競馬場で結果を知ったノーザンファーム代表の吉田勝己氏は生産馬の激走を手放しで喜んだ。「(ネットの動画中継で)リアルタイムで見ていましたよ。頑張ったよね」。

 先日までセール参加のため、オーストラリアに滞在し、クルーガーの直前の状態を確かめていた。「調教も向こうで見ていたんだけど、馬も良さそうだった。レースも向こうで見たかったんだけど、どうしても(皐月賞に間に合うための)飛行機がなくて帰ってきたんです。外国に行って、いいところを見せてくれたね。世界中の人が見ているレースであんなに頑張ったんだから、価値のある2着ですよ」。33連勝でラストランを飾ったウィンクス相手に大金星寸前だったクルーガーをたたえた。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ