海外競馬ニュース

News

ディアドラ引き続きイギリスにとどまりナッソーSへ

2019年06月23日 13:15

  • 友だち追加数

 プリンスオブウェールズSで6着に敗れたディアドラ(牝5、橋田)は、英国で続戦して8月1日のナッソーS(G1、芝1980メートル、グッドウッド)へ向かうことが決まった。

 23日に橋田師が明らかにした。1840年創設の牝馬限定G1で、古馬は60・5キロの重量を背負う。1着賞金は34万260ポンド(約4780万円)。3月のドバイターフから4戦連続の海外遠征になる。「前走は直前の土砂降りでひどい馬場になり、さすがにしんどかった。馬は良くなっているところなので」と説明した。引き続き英ニューマーケットで調整される。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ