NEWS

ニュース

ニュース/コラム

キセキ仕上がり順調 楽な手応えで併入/フォワ賞

2019年09月04日 10:20

  • 友だち追加数

 フランス遠征中のキセキ(牡5、角居)が3日、凱旋門賞のステップとなるフォワ賞(G2、芝2400メートル、15日=仏パリロンシャン)に向けて、シャンティイのエーグル地区にある芝コースで1週前追い切りを行った。

 シュミノー騎手を背に、清水裕夫厩舎のモンドシャルナ(牡8)と併走。楽な手応えで併入した。

 担当の清山助手は「併入でしたが、手応えには余裕がありました。シュミノー騎手も『馬の後ろで我慢ができ、落ち着いていた。走りに力みがなかった』と言っていました。順調にきています」とコメントした。フォワ賞、凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=同)とも鞍上は未定。

出典:日刊スポーツ