海外競馬ニュース

News

武豊「大変残念」騎乗予定のブルームが凱旋門賞回避

2019年09月24日 11:35

  • 友だち追加数

 武豊騎手(50)の凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=仏パリロンシャン)騎乗予定が23日、突如“消滅”した。

 アイルランドの名門A・オブライエン厩舎のブルーム(牡3)で挑むはずだったが、同馬が出走を取り消すことになった。武豊騎手は「ブルーム号が体調不良のため、凱旋門賞の出走を取りやめる旨の連絡がありました。騎乗するのを楽しみにしていたので、大変残念です」とコメントを発表した。

 ただ凱旋門賞と同日同競馬場で行われるマルセルブーサック賞(G1、芝1600メートル)に出走するディープインパクト産駒サヴァラン(牝2、A・ファーブル)には騎乗するため、この日、フランスへの海外渡航届を提出した。「マルセルブーサック賞ではサヴァラン号に騎乗する予定ですので、良い結果が出せるように頑張ります」とコメントした。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ