海外競馬ニュース

News

カリフォルニアクローム、来春から北海道でけい養へ

2019年11月21日 10:30

  • 友だち追加数

 米国で14、16年の2度、年度代表馬に輝き、17年のペガサスワールドC9着を最後に引退、種牡馬生活を送っているカリフォルニアクローム(牡8)が来春から日本でけい養されることが20日、分かった。同日、(株)ジェイエスが同社のホームページで発表した。けい養先はアロースタッド(北海道新ひだか町)。

 同馬は現役時代にG1を7勝(ダート6勝、芝1勝)。3歳時の14年にはケンタッキーダービー、プリークネスSを制し、米カリフォルニア州産馬として史上初の米クラシック2冠に輝いた。4歳シーズンは故障のために春以降は全休を強いられたが、5歳となった16年はドバイワールドCなどG1・3勝。同年秋のブリーダーズCクラシック2着ではアロゲートとの壮絶な競り合いを演じて3着以下を10馬身以上も離すなど、米国ダート史に名前を刻んだ馬だった。米ケンタッキー州のテイラーメイドファームで種牡馬入り後は、チリにもシャトル種牡馬として渡っている。

 (株)ジェイエスは「父は近年日本での適性を高く示しているエーピーインディ系、母系はA4号族とあって、同族で活躍中のグリーンデザートやガルチ、アーチなどと同様、本馬にも名種牡馬となる裏付けが既に備わっております。これだけの一流馬を迎えられるとあって、私どもも興奮を抑えられずにおります。将来は日本の競馬を背負って立つ種牡馬の1頭となるであろうと確信しております」とコメントしている。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ