NEWS

ニュース

ニュース/コラム

アーモンドアイ香港遠征を回避 29日から体温上昇

2019年11月30日 17:00

  • 友だち追加数

 G1・6勝馬アーモンドアイ(牝4、国枝)が香港遠征を回避することが30日、分かった。同馬を所有する(有)シルクレーシングがクラブのHP上で発表した。

 同馬は天皇賞・秋優勝後に香港C(G1、芝2000メートル、12月8日=シャティン)挑戦を発表。今春のドバイ遠征に続く、2度目の海外挑戦に向けて21日の帰厩後から調整を続けていた。27日の国内最終追い切りではルメール騎手を背にグローリーヴェイズと併せ馬を消化していたが、29日午後から体温上昇の兆候が見られていた。馬の平熱は38度とされており、29日夕方の段階でアーモンドアイは38・5度ほどと、わずかな熱発が確認された。30日朝に出た血液検査の結果では白血球の数値がわずかに高いことが判明し、万全の状態での出走が困難になったことから、大事を取って回避が発表された。順調なら、同馬は30日に香港へ輸送される予定だった。

 国枝師は「今日の時点では38・2度で許容範囲といえば許容範囲だけど、リスクを背負って行くわけだからね。(発熱の原因で)考えられるのは調教の疲れとか、冷え込んでというのもある。それがどうかはわからないけど。これだけの馬だしね。残念だけど、いろんな情勢もあったし、向こうに飛んで競馬がないとか、向こうに行って熱発が長引いたとしてもよくないから。いい方に考えれば、輸送前でよかった。脚元とかシリアスなものではない」と無念さをにじませた。(有)シルクレーシングの米本昌史代表は「大事には至っていないのですが、念には念を入れて遠征を回避することになりました。残念ではありますが、次走については馬の状態をしっかり見極めてから決めたいと思います」と話した。同馬はすでに検疫厩舎から通常の厩舎に戻り、経過が観察されている。次走に関して国枝師は「そこらへんは軽々には言えない」と慎重なコメント。現在、有馬記念のファン投票では1位をキープしており、今度の動向には注目が集まる。

出典:日刊スポーツ