海外競馬ニュース

News

トーセン島川氏のシーケーエスブエナ北米重賞2勝目

2019年12月01日 13:14

  • 友だち追加数

<ロングアイランドS>◇11月30日=アケダクト(アメリカ)◇G3◇3歳上牝◇芝2200メートル◇出走12頭

「トーセン」の冠名で知られる島川隆哉オーナーが所有するシーケーエスブエナ(牝6、G・モーション、父イコールストライプス)が豪快な差し切りで北米移籍後の重賞2勝目を挙げた。鞍上はジョエル・ロザリオ騎手で勝ちタイムは2分19秒68。

 ロングアイランドSはアメリカ東海岸のアケダクト競馬場で行われた牝馬限定の芝重賞。シーケーエスブエナは直線入り口では最後方を走っていたが、直線は内ラチ沿いを強襲し、11頭をごぼう抜きした。前走はカナダのEPテイラーS(G1)で6着に敗れていたが、1月のプレヴォヤンテHに続く重賞制覇となった。

出典:日刊スポーツ

ページトップへ