NEWS

ニュース

ニュース/コラム

ルジェ厩舎主戦C・デムーロはソットサス/凱旋門賞

2020年09月29日 18:50

  • 友だち追加数

 凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=パリロンシャン)へ向け、地元フランスのジャン・クロード・ルジェ厩舎2頭の鞍上が決まった。29日、フランスの競馬専門チャンネル「エキディア」が伝えている。

 厩舎の主戦騎手、クリスチャン・デムーロは昨年の凱旋門賞3着馬ソットサス(牡4、父シユーニ)を選択。C・デムーロがデビューからコンビを組んできた仏オークス4着、ヴェルメイユ賞2着の3歳牝馬ラービアー(牝3、父シーザスターズ)は新たにマキシム・ギュイヨンとコンビを組むことになった。

 今シーズンのソットサスは4戦1勝。始動戦のG2アルクール賞4着後、G1ガネー賞を勝利したが、その後、G3ゴントービロン賞2着、前走愛チャンピオンS4着で評価を下げている。未知の魅力を秘めた3歳牝馬ラービアーではなく、実績馬ソットサスにクリスチャン・デムーロを起用。ルジェ師の采配にも注目だ。

出典:日刊スポーツ