NEWS

ニュース

ニュース/コラム

タワーオブロンドン勝つチャンス/香港スプリント

2020年12月11日 13:54

  • 友だち追加数

<香港スプリント:最終追い切り>

 香港国際競走(13日=シャティン)の全レースの枠順が10日、決定した。香港スプリント(G1、芝1200メートル)に出走するタワーオブロンドン(牡5、藤沢和)はビュイック騎手が乗って芝コースで軽快に追い切られた。

 タワーオブロンドンはビュイック騎手を背に芝コースで追い切られた。単走で4ハロン50秒3-ラスト2ハロン22秒6をマークした。一昨年11月のキャピタルS(2着)以来の騎乗となった鞍上は「具合はとても良さそうですね。最後の直線の感触を確かめたけど、動きは良かった。相手はそろっているけど、勝つチャンスはあると思う」と好印象を述べた。枠順は外寄りの12番枠に決まった。

出典:日刊スポーツ