NEWS

ニュース

ニュース/コラム

マーズにムーア、乗り替わりも不安なし/香港マイル

2020年12月12日 12:00

  • 友だち追加数

 香港国際競走は明日13日、シャティンで行われ、日本馬6頭が出走する3競走はJRAの海外馬券が発売される。香港マイル(芝1600メートル)で連覇を目指すアドマイヤマーズ(牡4、友道)はスミヨン騎手からムーア騎手への乗り替わりにも不安なし。日本馬初の偉業に向け、調整を進めた。

 アドマイヤマーズが、世界の名手ライアン・ムーアを背に日本馬初、世界でも史上3頭目の香港マイル連覇を目指す。

 当初は昨年同様にスミヨン騎手が騎乗する予定だった。だがコロナ再検査のため騎乗が不可能に。急きょ、ムーア騎手とのコンビが決まった。初タッグとなるが、昨年の朝日杯FS(サリオス)などJRA・G1・8勝をはじめ、世界中のG1を勝ちまくる名手。乗り替わりに不安はない。

 アドマイヤマーズも昨年は初の海外遠征ながら世界のトップマイラーを寄せつけずに快勝した。あれから1年がたち、肉体的にも精神的にもパワーアップしており、強豪がそろった今年も好勝負必至だ。

 決戦2日前の11日は、角馬場からオールウェザーコースを1周。パドックをスクーリングし、ゲートの確認を行った。「引き続きフレッシュで疲れもなく、良い状態でレースに向かえそうです」と大江助手は準備に抜かりなし。前年覇者として、堂々と強敵を迎え撃つ。

出典:日刊スポーツ