NEWS

ニュース

ニュース/コラム

ヨシダに初子誕生、米国のハーツクライ後継種牡馬

2021年01月11日 12:13

  • 友だち追加数

 米国のウインスターファームで9日夜、種牡馬ヨシダ(牡7、父ハーツクライ)の初子が誕生した。ブラッドホース電子版が報じている。

 生まれたのは牡馬で、母馬はモンズン産駒のグラヴァタ。ウインスターファームの関係者は「ヨシダの最初の子が誕生したことに興奮しています。ヨシダは(父の父)サンデーサイレンスの系統をアメリカに戻してくれましたし、この子たちがその次世代です。ヨシダは良血で多彩な才能を持っていました。種牡馬2年目の2021年も強くバックアップしてもらえると思います」と語っている。

 ヨシダは父ハーツクライ、母ヒルダズパッションという血統。日本のノーザンファームで生まれ、15年のセレクトセールで落札され(税抜き9400万円)、米国に渡った。4歳時には芝、ダートの両方でG1を制し、19年シーズンで現役を引退。昨年からウインスターファームで種牡馬になっており、初年度は148頭に種付けを行っている。

出典:日刊スポーツ